Trade affairs Inexperience

キャリアアップをしたいなら|貿易事務に転職するのがお勧め

挑戦する価値あり

ネット登録から

男性

今の世の中では、物流は世界規模で行われており、地球の裏側で作られた商品が次々に輸入されている状況です。
これらの輸送を確実に行うためには、多くの人が関わっており、特に貿易事務の仕事はなくてはならないものになっています。
そのため、貿易事務員を募集する求人数は多くなっており、転職を目指す人も少なくありません。
貿易事務の仕事内容としては、主に申請書類のフォーマットを利用し、次々に発生する輸出入商品の手続きを行っていきます。
そのため、これらを確実に行っていき、経験を積んでいくことが、ステップアップの初期段階と言えます。
こういった仕事に就くためには、インターネットの転職サイトに登録しておくと、定期的に転職情報を得ることができます。
貿易事務の場合、経験者が優遇される傾向にあるものの、前述のような仕事であれば、未経験者でも十分にやっていくことは可能です。
経験者が優遇される理由としては、通常業務を行っていく中で、政治状況や、天候不順などで予定通りに進まなくなった場合の対応を求められることが挙げられます。
そして、貿易に関するシステムを十分理解していることや、さまざまな対応方法を知っていること、そして関係者とのコミュニケーション能力が求められることになります。
より情報を確実に集め、整理していくためにも、英語を中心とした語学力を身に付けていることは、大きな力になり、この技能を転職の条件に課していることも多くなっています。

グローバルに活かせる仕事

男の人

インターネットの普及によって、グローバルでのビジネス展開が普通になってきています。
それにより、現代において世界を相手に仕事をすることは最早他人ごとではありません。
以前はグローバルビジネスというと、商社に代表される営業職のイメージが強かったです。
しかし、昨今では事務系の仕事であっても、海外とのやり取りが発生することは避けられなくなってきています。
グローバルに使える事務系の職種のなかでも、貿易事務は他の事務職としての経験をもとにキャリアアップを狙える仕事です。
なので、出産や育児などで一度家庭に入った人が、再度キャリア形成を図るのにもうってつけです。
そこで、以下では貿易事務として転職するにあたって求められる経験・知識や、どのようにして転職活動をすればよいのかについて記載することとします。
まず最初に、貿易事務というだけあって、それなりの英語力は必要です。
そのため、貿易事務への転職を考え始めた時点で、英語の勉強に取り組むとよいでしょう。
また、事務の経験は十分に活かせる仕事ですが、それだけでは十分ではありません。
人手不足が深刻化しているため、経験がなくても採用してくれる会社が増えてはいますが、なるべく早くキャリアアップを図るためには貿易実務検定の資格を取得することをお勧めします。
通信講座でも学習することは可能ですし、覚えた知識は無駄になりませんので、悩んだら挑戦してみましょう。
加えて、転職にあたっては海外ビジネス系に強みを有するエージェントに登録することで、より効率的に希望条件にマッチする企業に出会うことができます。
しっかり準備して希望の会社でキャリア形成を図れば、将来も安泰です。

知識と経験が強い仕事

レディ

女性の仕事で1番需要があり、誰でも就業しやすいのは一般事務です。
一般事務に営業要素が加わると、営業事務と呼ばれます。
この二つは国内取引での仕事です。
さてそれでは海外の場合はどうでしょうか。
海外とのやり取りが発生する業務は、貿易事務と呼ばれています。
貿易事務では主に物を輸出したり輸入する事に対して、納期の調整をしたり書類の作成をします。
そこでは航空会社や船会社、税関など様々な機関が関わってきます。
経験を積んでいくほどその調整スキルが上がっていきますが、初めて貿易事務に転職する人はとにかくよく相手の話を聞いて、理解するように心がける事です。
貿易事務は時差や為替など細かい気配りが必要とされる為、常に周りを気にしながら動ける細かな気配りが出来る人に向いています。
そういった意味では、女性向きの仕事と言えるでしょう。
転職の際、未経験であれば、自分の明るい性格やトラブルにも臨機応変に対応出来る人間力をアピールするのが良いでしょう。
また、貿易事務の知識がない場合は。
現在勉強中であることや資格に向けて動く旨を伝える事で相手に意欲が伝わります。
貿易事務は経験者が採用されやすい仕事な為、未経験や初心者いかに取ってもらうかを考えながら、転職時の履歴書と職務経歴書を作成するのがポイントです。
また、転職エージェントを利用して相談しながら進めるのも良い方法です。
良い営業マンに当たれば、市場に出ない求人を紹介してもらえる事もあります。

英語を学ぼう

婦人

貿易事務への転職には、英語ができるととても楽です。というのも、海外とのやりとりがあるからです。また、基本中の基本とも言える文書作成やメール作成などはできるようにしておきましょう。職場によっては基礎を学べる研修も設けられています。

もっと読む

挑戦する価値あり

男性

貿易の発展により、業務が増えてきており、仕事自体も増えてきています。それに伴い、貿易事務の求人が増えており、インターネットサイトに登録しておくことで、定期的に転職情報を得ることができるようになっています。初心者でも行える仕事があり、さらに語学を生かしてステップアップすることも可能です。

もっと読む

輸出入に関するプロ

面接

貿易事務の転職に必要なスキルは、英語力やコミュニケーション能力、事務処理能力です。さらには、通関士や貿易事務検定、ビジネス英語検定などの資格があると採用されるのに有利です。なお、日本と時差があるため、臨機応変さや体力が必要になることもあります。

もっと読む