Trade affairs Inexperience

キャリアアップをしたいなら|貿易事務に転職するのがお勧め

英語を学ぼう

基礎知識を身につけよう

婦人

貿易事務への転職を考えているのなら、英語を学んでおくといいかもしれません。
貿易関係の事務職を行うことになるので、英語が喋れたり書けたりした方が何かと便利だからです。
もちろん、職場によっては英語ができなくても採用されることはあります。
未経験者でも採用してくれるところが多くなっているので、その点は心配いりません。
入社してから少しずつ海外とのやりとりができるようになることもあります。
ただし、ある程度は事務職の基礎知識くらいは身につけておきましょう。
それには、貿易事務の仕事内容を把握することが大切です。
一般的な事務作業と基本的には変わらないものの、そこに海外とのやりとりが加わってきます。
貿易だからこそ、海外とのやりとりが増えてしまうのは当然のことです。
そこで、転職を希望する人は、海外とのやりとりについて学んでおくといいかもしれません。
通常、メールでやりとりをします。
メールの基本操作はできるようにしておきましょう。
それから、翻訳機能などを活用することもお勧めです。
貿易事務の無料セミナーなどに参加してみるのもいいでしょう。
転職サイトを閲覧して、どんな知識が必要なのか調べてみるのもお勧めです。
それから、文書作成は基本中の基本となっています。
これまで貿易事務にかかわらず、事務職そのものを経験したことがない人にとっては、文書作成さえも難しく感じるかもしれません。
事務関係の書籍を購入したり、インターネットで調べたりしておきましょう。
また、転職先で基礎知識を身につけるための研修を行ってくれることもあります。

語学力を活かす

男女

転職の際に活かせるスキルとして語学力があります。
働きながらでも英会話スクールなどに通いスキルアップを目指す事が出来るでしょう。
また、女性で結婚や出産をきっかけに離職した人が再就職する際には、派遣社員として再就職を目指す人が多いです。
派遣の求人の中でも非常に目立つ仕事として、貿易事務の求人があり、一般事務に比べて時給が良いのが特徴です。
派遣先は、商社やメーカーの輸出入に関わる会社がメインになります。
また、一見難しそうに見える仕事でもありますが、派遣としての求人の場合、未経験でも応募可能な求人が多いので必見です。
未経験で貿易事務の基本的なスキルを身に付けるチャンスです。
中には、未経験から貿易事務の仕事に転職して、通関士などより専門的な資格取得を目指す人もいます。
また、貿易の事務が未経験であっても、一般事務の経験があれば応募可能であったり、語学スキルがあればより採用となる可能性が高くなったりします。
新しい仕事に転職したいと考えている場合、未経験歓迎の求人であれば新しいスキルを身に付けるチャンスなので積極的に行動しましょう。
また、専門的な知識だけでなく、人と関わる仕事になりますので、社内の人と上手く関わる事が出来るかも重要なポイントになります。
最近は多くの企業でコミュニケーション能力が求められています。
面接での振る舞いは採用となるかどうか重要です。
なお、転職では自己アピールポイントをしっかりと把握し採用担当者に適格に伝える必要があります。
貿易事務に対しての意欲もしっかりと伝える事が大事です。

世の中の動きに敏感に

ウーマン

日本はこれからオリンピックに向けて経済が加速すると言われています。
その証拠に、インバウンドやアウトバウンドビジネス市場が活発になっています。
TPPも話題で今売り手市場になっているのは貿易業界と言えるでしょう。
物が流通するかぎり、日本は島国な為、輸出と輸入が途切れることはありません。
これからますます活発化していくことが分かります。
なので、これから転職を考えている人は、貿易業界も視野に入れてみてはいかがでしょうか。
貿易事務は輸出者と輸入者の取引をスムーズにする為に書類や取引の間に立ち調整や紙のやり取りをする重要なポジションです。
国内の業務とは違い、相手は海外なので英語や中国語などの外国語スキルも求められます。
転職する際、事務経験や通関知識があると転職活動が有利になります。
また、貿易事務はインコタームズという貿易条件をもとに様々な取引形態を扱います。
そして、第三者ビジネスの需要が増加傾向にあるので、転職するなら商社が1番おすすめです。
ある程度、海外取引の経験を積めば将来的に自分で起業する事が可能になるでしょう。
もし、貿易や業務に関してのルールが分からないとしても、業務をこなしていけば、慣れていくだけです。
最初は派遣社員として貿易事務に携わり、正社員を目指すのもよいしょう。
そして、数年貿易事務の経験を積んでから通関士にステップアップすることもできます。
つまり、頑張り次第で上を目指すことが出来るのです。
また、近年、中国やヨーロッパ市場では日本製品は特に人気が高い為、普段から市場リサーチやお金の流通などが好きな人に向いている職業と言えるでしょう。

英語を学ぼう

婦人

貿易事務への転職には、英語ができるととても楽です。というのも、海外とのやりとりがあるからです。また、基本中の基本とも言える文書作成やメール作成などはできるようにしておきましょう。職場によっては基礎を学べる研修も設けられています。

もっと読む

挑戦する価値あり

男性

貿易の発展により、業務が増えてきており、仕事自体も増えてきています。それに伴い、貿易事務の求人が増えており、インターネットサイトに登録しておくことで、定期的に転職情報を得ることができるようになっています。初心者でも行える仕事があり、さらに語学を生かしてステップアップすることも可能です。

もっと読む

輸出入に関するプロ

面接

貿易事務の転職に必要なスキルは、英語力やコミュニケーション能力、事務処理能力です。さらには、通関士や貿易事務検定、ビジネス英語検定などの資格があると採用されるのに有利です。なお、日本と時差があるため、臨機応変さや体力が必要になることもあります。

もっと読む