Trade affairs Inexperience

キャリアアップをしたいなら|貿易事務に転職するのがお勧め

輸出入に関するプロ

自分に必要なスキルを磨く

面接

貿易事務は、語学力と専門知識を活用した輸出入に関するプロです。
具体的な業務は、輸出と輸入で変わります。
輸出に関する業務は、各種書類の作成や通関手配、運送便の手配などがあります。
輸入に関する業務は、通関手配や商品の納入管理、関税と消費税の納付などがあります。
このような仕事の貿易事務に転職するためには、まず商社やメーカー、船舶会社、海運貨物取扱業者に入社することが必要です。
ただ、業務内容やその幅については企業によって異なるので、事前に確認しておきましょう。
では、貿易事務に必要なスキルとはなんでしょうか。
まずは、英語ができることです。
海外を相手にするので、英語に不安があると仕事がままならないかもしれません。
次に、コミュニケーションスキルです。
輸出入に関わる会社の様々な部署、顧客企業との間で連絡や調整を行わなければなりません。
また、他国との折衝のために、時差や繁忙期が日本とは異なる場合もあります。
タフに業務を遂行し、臨機応変に対応できる柔軟性も必要です。
最後は、事務処理を迅速にできることです。
パソコンを使いこなし、正確に仕事を行えなければ、英語もコミュニケーションスキルも活かせません。
以上のことを意識し、今の自分に足りないスキルを補えば、貿易事務に転職することができるでしょう。
さらに、転職を有利にするために資格があると心強いです。
通関士や貿易事務検定、ビジネス英語検定などは、持っていれば採用される際に優遇されることがあります。
必要な情報を得て、スキルを磨き、転職を成功させましょう。

能力にあった仕事を

面接

海外からの輸出入に携わる仕事から、スタッフのマネジメントに至るまで、貿易事務の仕事は数多くの転職求人がありますが、選ぶ際にはきちんと求人の募集要項を読んで自分がその求人に対して応募資格を持っているのかを確認しましょう。
貿易事務の転職求人にはハイレベルな英語力を求められる職場や、資格所持者でなければ応募ができないというケースもあるので、それらの資格を持っているのか、また英語力はきちんと求められているレベルに達しているのかを客観的に判断しましょう。
また転職をするにあたって今までの仕事と全く違う貿易事務の求人を探すのも良いですが、キャリアアップや給与アップのために転職を考えるのなら、今までやってきた仕事に類似した業務で求人を探すようにしましょう。
前職での経歴が活かせる仕事ならば、その経歴を高く評価してくれるので、採用の際にも給与待遇を上げて採用してくれます。
未経験からチャレンジしたいという場合にも、転職求人で求められるスキルがあれば採用となることもありますが、人気が高いので募集していたらすぐに応募しましょう。
貿易事務の転職求人は一つの求人媒体にこだわるのではなく、転職サイトからハローワークまで、色々な求人情報を活用することで、自分のスキルと経歴に合わせた仕事を探すことが可能です。
貿易事務は若手の人材から経験豊富なベテランの人材まで、色々な人材を採用しているので、根気よく探せば必ずベストな職場が見つかります。

自分のスキルを活かす

電話をする人

貿易事務は世界を相手にしたやりがいのある仕事です。
やりがいの分だけ求められるスキルも高く、多くの求人が経験者を対象にしています。
しかし、貿易事務の仕事の経験がない場合でも、それまでの仕事の経験で培ったスキルをアピールすることで転職を成功させることも可能です。
この貿易事務の仕事に必要なスキルの一つは、やはり語学力です。
すでにTOEICなどの高いスコアを持っている人は、その点では有利でしょう。
もし、英語力に不安がある人は、勉強する意欲を示すことが大切です。
また、現在では多くの貿易会社が非英語圏の取引先を相手にしています。
そのため、中国語やフランス語、スペイン語などの英語以外の語学力があると大きな強みになります。
自分の語学力と転職先の事業内容が合っているかを確かめておきましょう。
二つ目に貿易事務の仕事への転職に大切なことは、コミュニケーション能力の有無です。
海外の取引先とやり取りをする場合、言語や文化の違いのため、誤解やすれ違いが多く起こります。
そのようなことを防ぐために貿易事務の仕事では、対面時はもちろん、メールや電話での対応において、取引先の意向を読み取り、自社の意見を分かりやすく伝えるスキルが求められます。
前職で営業や接客などの経験がある人は、そこで身に付けたコミュニケーション能力をアピールするとよいでしょう。
基本的に、貿易事務の仕事への転職は、高い語学力と経験が必要とされるものですが、自分のそれまでの経験から得たスキルをその会社でどのように活かすことができるのかを、具体的に伝えられるかが転職成功の鍵となるでしょう。

英語を学ぼう

婦人

貿易事務への転職には、英語ができるととても楽です。というのも、海外とのやりとりがあるからです。また、基本中の基本とも言える文書作成やメール作成などはできるようにしておきましょう。職場によっては基礎を学べる研修も設けられています。

もっと読む

挑戦する価値あり

男性

貿易の発展により、業務が増えてきており、仕事自体も増えてきています。それに伴い、貿易事務の求人が増えており、インターネットサイトに登録しておくことで、定期的に転職情報を得ることができるようになっています。初心者でも行える仕事があり、さらに語学を生かしてステップアップすることも可能です。

もっと読む

輸出入に関するプロ

面接

貿易事務の転職に必要なスキルは、英語力やコミュニケーション能力、事務処理能力です。さらには、通関士や貿易事務検定、ビジネス英語検定などの資格があると採用されるのに有利です。なお、日本と時差があるため、臨機応変さや体力が必要になることもあります。

もっと読む